PathFinder

機能up版のFinderという位置づけのPathfinderを試用しています。
Snow LeopardではFinderがタブをサポートするという噂があるけれども、フォルダからフォルダへのファイルのコピーという点では何気に不便なことが多い。Finderのウィンドウが多数あると混乱してしまうのです。
2,3段上の階層にすぐに戻れるのが良いですね。最初戸惑う点はゴミ箱への移動がapple + deleteになっているところでしょう。キーアサインを変更することは“メニューキー・エディタ”から簡単にできます。
また相違点としては“画面の共有”と“フォルダとしてマウント”がそれぞれ別のアイコンで表示される点。これは良いのか悪いのかまだ分かりません。
Back to my Macが表示されないのは大きな問題。これはFinderを使わざるを得ない状況です。
(Forumでも指摘されているが、作者にBack to my Macを使う環境が無いようです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください