鶴田禎二先生

本日未明、鶴田禎二先生が亡くなったとの連絡を頂きました。

ここ8年間、物理から来た私を優しく高分子バイオマテリアル分野に引き込んで頂き、さらに年に何度もディスカッションをして頂いた恩師です。

正直に言いますと、今夜は一つの喪失感と共に、自分の一生をかけるに値するテーマを真剣に考える唯一の夜になります。

今年1年を振り返って

今年を振り返えると、やはり子育てに追われた一年でした。「家では家庭、職場では仕事」を徹底してやってきましたが、家で良いアイデアが浮かぶと、上の空になってしまうのが研究者の性・・・。

来年度はこの切り替えをもう少し器用に出来ればと。仕事は明日に延ばしても大丈夫な場合がほとんどである一方、子供の相手はその時しか出来ないことを前提として、如何に気持ちを切り替えるか?が課題となりそうです。

子育てが少しずつ楽になってきているので、余裕が生まれるのを楽しみにしつつ、来年を迎えます。

いつも共闘している妻に感謝。

遅ればせながら私も38歳の誕生日

20120602-062041.jpg
4/30に38歳になった。

今回妻からのプレゼントはGlobal Proのペティナイフ。相変わらず素晴らしい切れ味。
2007年度誕生日のプレゼントの牛刀タイプと共に、キッチンの重要アイテムの仲間入り。
料理に欠かせないアイテムであると同時に、夫婦げんかの強力な抑止力にもなっている(笑)。
この刃渡りを眺めると、誰でも冷静にならざるを得ない。
我々は結婚12年夫婦間のトラブルは思い当たらないのですが、もし夫婦げんかに困っている家庭にはおすすめのアイテムです。