初ディスカッション

昨日は学生と初めてのディスカッションをしてみました。

教員と学生が1:1で議論するのではなく、1人の研究目標からそれにたどり着くためのアプローチを他の3人と一緒に議論して研究スケジュールを決めている。最初は骨の折れる作業だけれども、全員でよい方向に向かうような雰囲気が出来ればと思っている。出来れば学生には学費を払っていれば学位をもらえるという消費者の視点で研究を行ってもらいたくない。学費も含めて十分に暮らしていけるだけの給料が大学院生に支払われていない、というのが諸悪の根源なのだが。こんな先進国は日本だけなんだけど・・・。

来週は今回のメンバーも含めて、留学生の研究についてディスカッションを行う予定。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください