次の自分の部屋のレイアウトを考える


次のアパートでは、家庭内での自分の影響力に比例するかのように(笑)、自分の部屋は4.5畳から4畳とさらに狭くなる予定だ。

何気に楽器などのモノが多いので、収納は空きスペースを作らずに高層化、というのが自分の中でのセオリーになってきているが、今回はさらにロフトベッドという物を導入し、収納能力の向上を試みる。

http://www.seikatsuzacca.com/product/PD99302/index.html

実際、このロフトベッドという代物は寝る位置が高くなる分、夏場はかなり寝苦しくなるらしい。しかも次の住まいは最上階なので、かなりの室温の上昇が期待される(笑)。灼熱の天井にさらに近づく感じだ。

もしかしたら、単なる収納棚になってしまう可能性有り。

「次の自分の部屋のレイアウトを考える」への2件のフィードバック

  1. >> 今回はさらにロフトベッドという物を導入し、収納能力の向上を試みる。モノの収納能力(キャパ)に負けないよう、自分の収納能力(技術)も向上させましょう(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください