新しいMacBook (ターゲットモードが無くなった)



新しいMacBookはFirewire廃止に伴い、ターゲットモードが無くなりました。
(Proの方はFirewire 800が搭載されているので、ありそうですが)
これはMacBook Airと同じ仕様です。
さて、ではデータの移行の時にどうするかという問題ですが、MacBookが生きていれば
1. 移行アシスタントを用いて、LAN(data量によるが、有線が現実的)経由で別Macにデータを移行
2. 外付けHDDにシステムディスクのディスクイメージを作り、新MacBookでマウントして移行アシスタント(もしくは手動)でデータを移行。
という方法になりそうです。
では、HDDは生きているが、motherboard(つまりHDD以外のハードウェア)が死んでしまっている場合は
1. HDDを取り外してHDDケースに入れて新Macに接続し、データを移行
2. TimeMachineで最新のバックアップからのデータを移行。
両方HDD, その他のハードウェアの両方が死んでしまっている場合
1. Timemachineからの復旧(ただし故障寸前ののデータは失われている可能性有り)
ということになりそうですね。
つまり、Timemachineによるバックアップの重要性が非常に高いということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください