サーバのHDD交換

休暇中にもう1つ面倒だったのが自宅サーバのHDDのクラッシュでした。

250 GBのHDDを2台繋げ、3日に1回バックアップをとることにしていたのだが、そのうちの1台がクラッシュ。これを機会に2台とも500 GBのHDD( FRONT ATTACK 秋葉館オリジナル 3.5″ FireWire400 ハードディスク 500GB [AKB35FW-F-5001])に交換。500 GBのHDDは現在1GBあたりの単価が最も安くなっています(このHDDでの単純計算で47.98円/GB)。

手順はただ単に前のHDDの内容をそのまま新しいHDDに復旧させて終了。これがMacの良いところです。

実はサーバはPower PC版のMac miniなのですが、3年間本体のトラブルは全く無しです。あと3年くらいは頑張ってもらいたいところですが、Leopard Serverが走るかどうかが微妙なところです。走れば継続して使うし、走らない場合は初代MacBook Proをサーバにして(走るのであれば・・・)、今のMacBook Proを妻へ、そして僕は新しいのを1台、という感じになるのでしょうか?

そう考えるとLeopard ServerがPPC版Mac miniで走らないのは一概に悪いともいえません(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください