Songbird オープンソース版iTunes

iTunesに対抗するオープンソースの音楽ライブラリーソフトSongbirdに関する記事があった。

http://www.songbirdnest.com/

Songbirdの開発者はiTunesをInternetExplorerにたとえ、打倒iTunesを掲げている。世の中成功しているモノがあれば、それに対する対抗馬が出てきてその分野の技術が上がっていくというのが典型的なパターンであるが、やはり、オープンソースと商用ソフトの場合は商用の方が得てして悪役となる事が多い。

実際、インターフェースもiTunesにそっくりで、iPod以外のデバイスにも対応するという点で、多くのユーザ(特にWindowsユーザ)を引きつけるだろう。しかし、iTunesでダウンロードした楽曲の管理、楽曲のライセンス、ネットワーク内での共有、なども総合的に管理していく機能は付くのだろうか?実は非常に興味がある問題である。

現在のiTunesの独占的な支配であるが、個人的にはiTunesは独占的ではあるが、嫌みではないような気がする。(僕が熱狂的なMacファンであることもあるが) Microsoft製品の場合にはPCを買い換えるたびに、Windowsがプリインストールの場合はまた改めてライセンス料を払わなくてはいけないので、「Microsoftに金を吸い取られている」というイメージがあるが、iTunesの場合、自分の好きな音楽を買うということだけなので、納得がいかないということはない。少なくとも僕にとっては日常音楽に接するスタイルを根本的に変えてくれた点で非常に刺激的であるし、ある意味感謝している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください